R&S支援チーム 杉本直美のメッセージ

杉本直美

仲間がいるから今の自分があるという感謝の気持ちを忘れず長くここで働きたい

私は、新卒で求人情報誌の会社に就職しました。その頃はまだ紙媒体が主流の時代であったので、企業の求人情報を書くなど事務として仕事をしていました。その後、転職をして、コールセンターで仕事をしていました。現在、この会社で担当している仕事は、これまで経験した二つの仕事の経験が活かされる仕事です。ユニヴで働き始めて既に13年が経ちます。パートで採用してもらい、6年前に正社員になりました。パートで働いていた時代も、とにかく毎日が楽しくて、好きと思える仕事ができるのが幸せという気持ちだったので、長くここで働きたいとずっと思っていました。現実的には、年齢的なことも考えると正社員にしてもらえると思いませんでした。一緒に働いているメンバーだけでなく、経営者である会長や社長にも良くしてもらっているので、有難いという気持ちをいつも感じています。同僚や上司がいるから今の自分があるという想いを持つことができる、こんなに居心地の良い会社は今まで就職した会社にはなかったというのが正直な気持ちです。

企業と求職者の仲人的な役割は、一つひとつ手作りで丁寧にしていくことが大事

仕事内容は、企業と求職者のマッチング(仲人的な役割)をすることです。私たちは、リサーチ(R)&サプライ (S) 業務と呼んでおります。リサーチとは、求人確保のための企業を探すこと。サプライとは、登録している求職者にダイレクトメールやメールマガジンを発信して、求職者に関心や興味を持ってもらうことを言います。具体的には、履歴書を提出して、企業にアプローチをして面接のセッティングをします。状況によっては求職者の代行をしてお断りもすることもあります。しかし、その企業との長らくのお付き合いを続けていくためにも、言い辛いことがあっても誠心誠意対応するようにしています。あくまでも仲人としての役割を果たすことを大切にしています。求職者にはできる限り満足を提供したいので、情報提供には、まずは最もほしい情報である条件を挙げ、常に新しい情報をホットな状態でアップするようにしています。また、求職者に対しては、丁寧にコミュニケーションを取っていくことを心掛けています。もちろん、企業にも同様のスタンスで臨んでいます。一つひとつのマッチングを手作りで丁寧にしていくことで信頼を築きたいと思って仕事に取り組んでいます。

「ユニヴなら信用できる!」と企業と求職者に喜ばれた時ほど嬉しいことはない

もっと多くの人たちにユニヴを知ってもらいたいと思います。私たちの仕事の価値を伝え、お客様になって頂くということを常に考えながら仕事に取り組んでいます。当社の価値は、大きな会社でないが、優しさのある、手作り感が強みです。求職者が自分の友人を紹介してくれるほど頼られています。求職者の希望に沿う会社を探し、入職されると自分が役に立てたという実感が湧きます。企業にも求職者にも喜ばれた時は本当に喜びを感じることができます。「ユニヴさんなら信用できる」と言われることほど嬉しいことはありません。そういう信頼を得て、何かあった時はいつでも声を掛けてもらえるような存在でいたいと思います。ユニヴという会社が大きくなっても、今の温かさはいつまでも大切にする会社であってほしいと思います