採用支援事業部 部長 姫野洋一のメッセージ

姫野洋一

人と関わる仕事がしたいという想いを持ち続けてホテルマンから転職のコーディネーターへ

大学を卒業した後は3年半ホテルマンの経験を経て、転職のコーディネーターになりました。人と関わることがしたいという想いがあったので、コーディネーターの仕事には魅力を感じました。ホテルマン時代は、直接に売上目標を個人として持つわけでないので、サービスに重きを置き、ある意味自己満足で終わっていました。しかし、この仕事は売上と連動しているので経営感覚が必要になってきます。ですから、求職者やクライアントから感謝されるだけでは、売上に繋がらないこともあり、最初は思い悩む部分もありました。そうは言っても、やはり求職者に尽くしたいと思いながら仕事に取り組んでいます。私が良かれと思って紹介しても、それを嫌がられることも当然あります。人はそれぞれ違うので、その違いに気づいて修正をして行き、結果に結び付けて行くことに最初は時間が掛かりました。しかし、よく考えると、そんなに簡単に習得できる仕事なら誰でもできるわけで、人と関わる仕事には苦労と工夫を重ねることが達成感をより大きくしてくれるのも事実です。

求職者に納得の転職機会により信頼を築き、求職者の横の繋がりへ信頼を拡げたい

現在の仕事は、人材紹介(転職支援)をしています。メールマガジンやDMなどから問い合わせされた人とまずはカウンセリングします。本人の希望を伺い、それに適した企業を提案します。求職者と企業がマッチングできたら、面談日を決めて、同席します。そして、入社までの手続きなどを行うのが一連の流れです。求職者の全ての人とお会いして面談するので、信頼関係が築けていると思います。薬剤師の場合、出身大学や前職などの横の繋がりが多く、紹介も多くなります。人生を選択していく大切な就職活動なので、求職者の納得感を得て進めたいというのが根底にある思いです。求職者から「他の人材紹介会社からの求人も一緒に見てもらえないか」といった依頼を受けることもあります。それに対しても真摯にお付き合いするようにはしています。求職者に合わせたスケジュールで対応するので、時間も不規則な時もありますが、それはあまり気になりません。むしろ、うまくマッチングできることに喜びを感じています。

チームワークを大切にし、一人ひとりの成長意識を紡いでさらに良い仕事に繋げたい

コーディネート力が当社の強みだと思います。求職者が譲れないところとそうでなくてもいい部分を見極めてコーディネートしていきます。これまで10年間で約500名の人生の選択に関わって来ました。人それぞれの価値観に寄り寄り添うために、答えも一通りではありません。その点、感性を磨いていくことも必要なので、人材育成は難しい時もあります。求職者には弱っている人やフラストレーションを持っている人もいますので、それを受け止め、気持ちに寄り添えることのできる人間力のある人、人のためになりたいという気持ちのある人に向いている仕事だと思います。当社の社長はコーディネーターであったので、現場の難しさを理解してくれていますし、一緒になって人材育成を考えてくれています。この仕事はチームワークが大切です。一人ひとりの成長意識を紡いで、さらに良い仕事に繋がると思ってマネジメントには留意しています。今後は薬剤師の中途採用のノウハウを他の事業に展開して行きたいという思いを持っています。