採用支援事業部 薬剤師転職サポート担当 松本理子のメッセージ

松本理子

コーディネーターの仕事は求職者と今後の道筋を一緒に考える創造性ある仕事

ケーブルテレビの制作部門での経験を経て、当社に転職をしました。入社当時は、コーディネーターとして仕事をしました。一人ひとりの求職者や企業と直接会えるので、感謝されることが多く、やりがいになっていました。「松本さんに担当してもらって良かった」と言われ、次の方のご紹介と繋がりが増えていきます。若い薬剤師が多いので、その人の悩みを聞いて、一緒に考えるようにしていました。「今後の道筋が立てられました」、「自分の考えが整理できました」という言葉はとても嬉しい気持ちになりました。初めて転職する人のために面接の同行、履歴書の添削や面接の練習や準備から当日に向けて付き添います。私の場合は、求職者と自然に一緒に考えていきましょうというスタンスなので、定型的な仕事ではなく、とても自由度が高く、創造性がある仕事です。例えば、企業面接の前後に、引っ越しをする求職者さんに付き添って一緒にエリアを見て歩き、転居先を探しました。それが直接売上にはなりませんが、そういうことが信頼に繋がり、さらに安心感を持って求職者を紹介してもらえていることに繋がっているのかなと思います。

最初は抵抗を感じた内勤も、個人目標があり、やりがいを感じる環境に変化

現在は内勤で仕事をしています。内勤になり、サポートする側になり色々な場所に気配りをしないといけないので、自分にできるのかなという不安がありましたが、逆に、社内の色々な人と関わることもでき、社内コミュニケーションも取れるようになり楽しみが増えてきました。例えば、メルマガの企画をしています。どんどん登録者が増えてきました。こうして、内勤になっても個人目標として数字的目標があるので、やりがいを感じます。当社は自分がやっていることを先輩が見てくれたり、自分が知らない所で先輩がフォローしてくれたりしていたことを最近になって知りました。人の温かさや頑張りを認めてくれるから今までやって続けることができたのかなと思います。私が今、仕事をする上で大切にしたいのは、関係している人がどうすれば仕事がしやすいだろうか、新しい人が入社してきたらどうやったらスムーズに仕事に慣れてくれるだろうかといった目線を持つことです。それにプラスして成果に繋がる視点は忘れずに取り組みたいと考えています。

若い薬剤師のためになる転職サイトのリニューアルにチャレンジしたい

現在、転職サイトのリニューアルに携わっているので、大きく変えたいと漠然と思っています。転職サイトは、若い人たちに閲覧してもらうことが増えているので、もっと若い人を対象にしたものがいいのではないかと考えています。そして、新規の登録に繋げていきたいです。すでに登録ある方へのアプローチはDMなどですが、それをどう求職者にも企業にもメリットがあるように運用していくのかが今の課題でもあります。また、既存登録者以外の登録者を増やすことは別のチャレンジです。ネット検索すると経験年数の高い求職者に強い転職サイトと紹介されているのですが、私がしたいチャレンジは、そのイメージを払拭してしまうことになるので慎重に取り組まなければなりません。社内のデータベースのリニューアルとか自分にできることはまだまだたくさんあるかと思います。自分の頭でそれが思いつくのかなという不安がありますが、そんなこと言っても世の中はどんどん変化するので、新たなチャレンジに向けて頑張っていきたいです。