経営支援事業部 菊池一洋のメッセージ

菊池一洋

ふてくされて、やりがいを見出せなかった自分が、一人頑張る同僚の姿に奮起

大学卒業後は、金融関連の営業をしていましたが、とてもきつい仕事でした。この仕事をして何になるんだと思いながらの毎日で、いつも人の役に立つ意義のある仕事がしたいと日々思っていました。そんな時に、ユニヴと出会いました。この会社の仕事は人の役に立ちそうだなと思い、また、運よく入社を勧められたので転職しました。入社当時は中途採用や新卒採用の営業を担当していました。初めはやる気があったのですが、段々やる気がなくなってきました。自分に対して正当な評価をしてくれないと思い込み、ふてくされるようになり、やりがいを見出せなくなっていました。他者の責任にしてばかりで、興味がないことはやりたくない、と不平不満を言っている状態でした。それが続き、ここにいてもいなくても同じだと思い退職を決心しました。しかし、ちょうどM&A事業部を立ち上げたところで、一人頑張る同僚を見て、奮起する気になりました。その部門に異動になりました。今から考えると当時は、まだ私も若く甘えがあったと思いますし、仕事に対しても考え抜く力が弱かったと思います。

仕事のパートナーと息も合い、とんとん拍子で仕事が運び、溌剌とする毎日

M&A事業部に異動して、水を得た魚のように常に溌剌と仕事に取り組んでいます。今の仕事は、本当に楽しいです。仕事のパートナーは年齢が近く、同じ金融関係の仕事をしていた者であり、息も合い、とんとん拍子で仕事が運ぶようになりました。M&Aの仕事は会社(薬局)を売りたい人と買いたい人を繋ぐ仕事です。営業の方法は、企業に対して電話営業やダイレクトメールを活用し、当社は薬剤師の就職支援事業をしているので、独立を希望する人にはのれん分けなどを提案します。また、薬剤師採用で課題を抱える企業の経営者とリレーションがあり、人材採用の相談からその他の経営課題の相談に発展することもよくあり、そういうことを会社として組織的に解決する中で、私たちが店舗売却や企業買収の相談に乗り、一緒に考えていくというのが仕事です。

人の人生を左右するM&Aの仕事を通じて得た感謝の言葉が大きなやりがい

この仕事は感謝されることが多く、「あなたに出会えたのが運命であった」「あなたがいなかったら今頃どうなっていたかわからない」などはよく言われる言葉です。そんなことを言ってもらえる経験はこれまでの人生でなかったので、大きなやりがいを感じでいます。人の人生を左右する仕事に携わっていることがM&Aの仕事であり、顧客に与える影響力が大きいので、当然のことですが、責任の重い仕事です。今、この事業は成長しています。実際に、M&Aは取り扱う金額が大きいので、社内評価も一気に向上するようになりました。外部にいるコンサルタントの方が私を見て、見違えるように成長していると言ってくれた時は嬉しかったです。今は、以前と違い、甘えることなく、腹を括って仕事と向き合えるようになり、意外と何でもやればできるのだなという実感です。この会社を辞めずにやって来て良かったなと思います。そして、自分の考えを会社に提案できるようになりました。今なら、採用事業の仕事に戻っても頑張れる逃げない自分があると思います。